読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生コラボSR主義日記

サラリーマンである自身の生き方に革命を起こすべく学生とコラボを続ける活動日記

カンブリア宮殿 中川政七商店に学ぶブランディング

今日、偶然見たカンブリア宮殿。 中川政七商店という伝統工芸品のブランディングに成功した 中川淳社長の話から、 伝え方。売り方。について学んだことを書き留める。 フツーの学生が、就活において活用できる技術もありました。 ブランディングとは? 伝え…

最高か最速

今日は、サラリーマン(自分も含む)に向けて、仕事に対し刺激を与えるために、見城徹氏・藤田晋氏のダブルキャストであった、カンブリア宮殿を見て参考になった言葉をノートします。とにかく熱くなった言葉達です。無謀なことをしなくて、新参者が勝てるは…

独自性の大切さとどうやったら独自性を出せるか

カンブリア宮殿 消防車製造会社のモリタの回モリタという会社がどんな点で業界の常識破りをしてきたか ということが紹介されていました。需要が減っているのに、何で売り上げが伸びるの? その答えは、独自性 1台2役の消防救急車を作ったり、新素材を利用す…

はやぶさPJカッケー

今日のカンブリア宮殿はやぶさPJのお話。カッケー(格好いいなーの意)というのが感想全国にはやぶさカプセルを回すのは、スポンサーが国民だから(→カッケー)日本がはやぶさを成功させた!という自信を持って!(→カッケー×2) はやぶさを支えた中小企業…

セシルマクビーから学ぶ

先日のカンブリア宮殿ではアパレル業界で、売り上げ10年間連続首位を獲得しているセシルマクビーを紹介していました。強さのポイントとして 1.商品構成(幅広いジャンルを取り揃えている) 2.接客力(リピーターになる人が多い そのために、店員が顧客情報を…

女性雑誌No1の秘密

今日のカンブリア宮殿で紹介された女性雑誌No1の秘密。というより、あの宝島が女性雑誌でNo1を取っているとは! というのが一番の驚きでも、その過程には、がけっぷちから始めた大胆な、そして緻密な行動がありました。行われていたこと ・男性から女性…

サッカー岡ちゃんの回

サッカー日本代表の岡田監督の回でしたが、最終的にすばらしいチームができあがったという感動を受けると同時に、とてもうらやましい。こんなチームで仕事してみたい。って思いました。 参考になった言葉を書きとめておきます。重圧をなくす=重力がなくなる…

当たり前のことを突き詰める

昨日のカンブリア宮殿で紹介された成功事例。とことんお客様の望まれることを追求したホームセンターのお話でした。 端的に、ホームセンターのディズニーランドを目指すというわかりやすいビジョンを持って取り組まれています。 ホームセンターで望まれてい…

ねこ駅長

昨日のカンブリア宮殿では、ねこ駅長で話題になった 交通機関の救済を事業のひとつにしている小嶋光信氏を放送していました。小嶋光信氏の心の礎とされているのが、 岡山藩郡代 津田永忠農民に「夢」を与える 藩政は農民の「苦しみをなくすこと」 ということ…

三行提報

■三行提報 今日のカンブリア宮殿 三行提報という社員からの情報収集と それによる日々の改善 きっと自分を含め、多くの方、多くの会社が行ったらいいだろうなと思っていることでしょう三行提報というシステムが回れば、面白い会社になると思う。でも、自社の…

孫社長のカンブリア宮殿に学ぶ

■孫社長のカンブリア宮殿に学ぶ 孫社長がカンブリア宮殿に出ていて、みな見ていたのではないでしょうかとりあえず。見ていてひらめいたことを書き出す。理念があってビジョンがある。ビジョンがあるから、今何をすべきか明確になる。 あとはそれを実行するだ…

セーレン恐るべし

■セーレン恐るべし 今日のカンブリア宮殿。 繊維業界なので、見なくていいかと思っていましたが、 テレビがゲリラ豪雨情報ばかりだったので、 ちらっと見てみました。会社の悪いところを気づいた点をいってしまうところそして今のままでは会社がつぶれてしま…

カンブリア宮殿で自社の環境を見つめなおした

カンブリア宮殿。 今週は中国とインドの方で、日本で儲けた方の出演でした。もう、当たり前となっている過去の日本とこれからの日本のあるべき姿を再認識 今までの日本はアメリカの大量消費に支えられ成長してきた。 これからは中国、アジアでの消費を対象に…